オプショナルツアーの検索、詳細の閲覧、予約などは、ベルトラ株式会社が運営・提供する「VELTRA」のサイトで行って
いただきます。 上記商品に関するお問い合わせにつきましてはこちらをクリック

  タイ観光・アクティビティの新着・季節限定・その他おすすめ商品

  タイ観光・アクティビティの満足度5つ星 新着体験談

by: ぽらこさん バンコク市内三大寺と王宮をまわる半日ツアー 大型ツアーとは違った温かみを感じるツアー バンコクに着いてからインターネットで予約。未就学児と高齢の母を連れた家族旅行で利用しました。ガイドは陽気なエッグさん。宿・・・続きを読む
バンコク市内半日観光ツアー 午後からのんびり三大寺院めぐり<午後/ホテルお迎え/日本語ガイド/マンゴツリーでの夕食付きプランあり>
(190)
by: あっこちんさん ありがとうございました バンコクへの旅行は初めてでしたので、こちらのツアーに参加させて頂きました。 まず、早朝にホテルまでお迎えに来ていただけ・・・続きを読む
アユタヤ遺跡+水上マーケット 1日観光ツアー<早朝空港発&指定ホテルお迎え/ホテル内ビュッフェランチ>
(701)
by: ごろくまさん 最高でした! アロマボディマッサージの2時間コースを受けました。 もう「最高!」の一言です。気持ちよかった〜。 心地いい音楽とロク・・・続きを読む
ル・スパ with ロクシタン「Le Spa With L’OCCITANE」人気自然派コスメの”ロクシタン”を利用のホテルスパ<アソーク/ナナ駅徒歩5分>
(1)
by: サムソンさん 生活密着 世界でここだけではないか?市場の中を列車が…。雑誌やテレビの紹介よりも、臨場感が全く違う。参加して、大正解でした。 G・・・続きを読む
メークロン線路市場観光ツアー☆マーケットを列車が駆け抜ける!乗車体験付き!<午前/日本語ガイド/ローカルフード軽食付>
(276)

タイの観光エリア基本情報

バンコク

タイ随一の大都会バンコク。1782年、対岸トンブリーから現在の場所に遷都されて依頼、発展を続けています。スワンナプーム(バンコク)国際空港からバンコク市内は30分から1時間程度。市内の林立した高層ビル、その間を行き交う人々と数々の露店。観光からナイトライフまで存分に楽しめるエネルギッシュなメトロポリスです。

プーケット

世界的に有名なタイのリゾートアイランド、プーケット。ビーチ1つとっても、プライベートからにぎやかな開放感のあるビーチまで、自分好みに応えてくれます。バンコク国際空港から国内線に乗り換え約1時間30分。豊富なマリンスポーツが体験できます。

チェンマイ

タイ北部にある第2の都市チェンマイは、かつての繁栄の面影が残る古都。歴史ある寺院や遺跡群、美しい工芸品が、訪れる人々を魅了します。バンコク国際空港からは、飛行機で約1時間15分。市内の寺院を巡るコースや、豊かな自然に恵まれた世界遺産スコータイへの観光ツアーも人気です。

サムイ

タイランド湾の西に位置し、タイで3番目に大きな島であるサムイ島。「ココナッツ・アイランド」という別名を持つほど、数多くの椰子の木が生い茂っている南国リゾートです。バンコク国際空港から国内線に乗り換えて約1時間20分。手つかずの自然が多く残っており、美しいビーチでのんびりと過ごしたい人におすすめです。

パタヤ

タイを代表する人気ビーチリゾート地の一つ、パタヤ。バンコクからは160キロほど離れており、バスで2時間半ほどの場所にあります。マリンスポーツを楽しむことができるのはもちろんのこと、観光名所も多く、ナイトライフも楽しめるので、多くの観光客でにぎわっている人気の都市です。

タイのお役立ち情報

タイの気候について

タイは熱帯性の気候で、暑季(3~5月)、雨季(6~10月)、乾季(11~2月)に分かれています。年間平均気温は30度近く、1年中蒸し暑いので、服装は通気性の高いものを持って行きましょう。一番観光に適しているのは11~2月の乾季で、雨もほとんど降らず、快適に過ごすことができます。

タイの旅行費用について

タイ旅行にかかる費用を節約したいなら、まずはおすすめするのはタイから日本までの往復航空券を格安LCCで手配することです。旅行費用のかなりの部分を占める航空券の値段が安く済むと予算節約にはとても効果があります。また、国内移動においてもLCC利用した場合の費用がバスや鉄道利用と比較しても差がない場合もあります。

タイのネット環境について

タイのwifi事情ですが、現地の無料wifi環境はかなり整っていると言えるでしょう。駅や観光地などでは「Free Public Wi-Fi」という無料wifiスポットが使えますし、カフェやホテルでも無料wifiが使えるところが多くあります。タイに着いた瞬間から常にネットに接続していたいという人は、日本でwifiルーターをレンタルしていくのもおすすめです。